春嵐の翌朝の桜。2022年。

今年も桜の枝を飾りました。

sakura01.jpg

2m近くある枝なので、それに合う花器は我が家にはありません。
ここでワインクーラー登場。ワインが4本入ります。

sakura02.jpg

小ぶりの枝は一番大きな花器に。

sakura03.jpg


この桜、いつもの遊歩道から連れてきました。

いえ、樹から折ったわけではありません。もちろん。拾ってきたのです。



決まって3月末に、強風が吹きます。

そして、この遊歩道沿いの桜の枝が折れてしまいます。

ここ数年ここの桜たちはかなりの強剪定がされているので、枝が折れることはほとんど無かったのですが、今年はその強風の翌朝、大きな枝が折れて川辺に落ちていました。

sakura05.jpg

私の二の腕、いえ正確には私の太い二の腕(笑)ほどもある枝が。

sakura06.jpg



さすがにこれごと持ち帰ることは出来ません。


折れた枝を更に折る事、なんとなく躊躇いましたが、でもこのまま放置したら枯れてゆくだけ。

持ち帰ることが出来そうな長さの小枝を手折りました。


本当にポキリと折れるんです。簡単に。だからこそ、強風で折れてしまうのですが。。。



桜の花が散り、葉桜になるまで大切に見守りました。

sakura04.jpg

でも、掃除が大変でした。花びらや、花柄がバラバラ落ちてきます。

しかも花びらは掃除機のフィルター部分にペタリと貼り付くので、吸い込めない。
結局、箒で掃きました。(笑)

でも、新しい葉が艶々とする様はこれまた美しかったです。



葉桜と言えば。。。

今年もまた伐採される樹が10本ほど。
この調子だと、10年後には全く無くなってしまうのではないかと思うくらい、毎年伐られてしまいます。

sakura07.jpg

このうち、左の2本を除き、全て伐られてしまいました。
理由は隣地の宅地開発が理由。


咲き終わったと同時にバッサリと。

sakura09.JPG


桜って挿し木出来ないのかな。と思い、この切り株の横から生えている彦生えを手折り、小さなポットに挿してみました。

sakura08.JPG

残念ながら、根付きはしませんでした。

残念だな。


もう一度トライしてみようかな。


この記事へのコメント