巣ごもりヒヤシンスとミモザ2022

恒例の「巣ごもりヒヤシンス」

部屋いっぱいに、香りが漂います。

ここ数年コルクでしたが、今年は原点に帰り「巣ごもり」の名が付いたラフィアぐるぐるで。

giacinto01.jpg

昨年の晩秋に、仕立ててました。
いつものように白のヒヤシンスばかりを数鉢に分けて。

2月に入り、一鉢ずつ部屋に入れ開花を促します。
咲いたらいつものようにお気に入りのカゴに入れ、ラフィアをあしらう。


giacinto04.jpg



これが一番の大もの。

giacinto02.jpg

あー、これはもう待ちきれずに咲きそう。

先発が咲き終わるのを待てそうに無い気配。

新聞紙掛けて遅らそうか。。。



giacinto03.jpg

こうした鉢があと3鉢スタンバイ。

3月中旬まではヒヤシンスの香りを楽しみます♪



先月雪をかぶっていたミモザ。

nevica02.jpg

いよいよ咲きそうです。

mimosa01.jpg

今年のミモザは沢山咲きそう。

夏前から花芽を沢山付けて、水やりが本当に大変でした。

夏場は朝と夜の2回。

手を掛けたお陰で、もうすぐ花をたっぷりと楽しめそうです。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック