季節の恵み~盛夏

テラスで育った葡萄。収穫しました♪

uva03.jpg


今年は久し振りに葡萄が。たった一房ですが。愛おしい~♡

uva02.jpg

薬も手当も何もしていないので、ちょっと病気っぽいけど。

冷やして食べたら、甘くて美味しい~♪



夏はトマト。

でも、本当は日本のトマトはハウス栽培が主流だから、夏は休止中。

なかなか露地栽培の夏トマトに出会えません。


結局、露地栽培の美味しそうな夏トマトは見つけられなかったけれど、スーパーの特売コーナーで見付けた、熟れすぎトマト。
1個200gは優にあるトマトが2個で150円。これを3パック買って。
500g×3パック=1.5kg
重い。車じゃないから失敗。

でも、久し振りに生トマトを使ったトマトソースを作りました。
材料は、ニンニク、鷹の爪、塩、オイル、トマト、バジル。

やっぱり甘くて美味しいね~♡
pastaalpomo.jpg

パスタは太めで。

体は細めが良いのだけど。。。どうやらパスタに倣ってきたような。。。(笑)

そう思いつつの、白ワイン。
vinobianco01.jpg

トマトソースと小麦粉の甘みと、プロカニコの苦み。

ベストバランス。ビランチャ ベーネ。





暑いけれど、テラス生活も続行中。

夏になるとテラスで食べたくなるのがパエリア。

paejia02.jpg

昔はムール貝やら魚やらたっぷり入れていましたが、数年前のスペイン旅行以来、魚介を入れないパエリアばかり。

ある生産者のオリーブ畑で頂いたパエリア。鶏肉とブロッコリーのパエリアがそれは美味しくて。

バレンシア風パエリアは魚介は入れない、、、と聞いたこともあります。

とは言え、パエリアはスペインの国民食。日本の味噌汁の具が家庭それぞれのように、パエリアも同じでしょうね。


とにかく。
魚介や野菜や肉を色々入れなきゃいけないと思っていたパエリアのハードルがグンと下がりました。

paejia01.jpg

こんな風にオーブンの天板に直接、たっぷり。今回はしし唐をトッピング。

余ったら、、、、というか、余るようにたっぷり作っているのですが。1食分ずつ冷凍。

時間が無い時や、面倒な時に、レンジで温めれば美味しいパエリア♪


そうそう、パリエアはあくまでもパエリアパンで炊くのでパエリア。

こうしたオーブンの米料理は、アロス・アル・オルノと言うそう。

スペイン在住の友人が教えてくれました。

イタリア語だったら、リーゾ・アル・フォルノ

似てますね、やっぱり。



さっさとUPしなかったので、盛夏はとうに過ぎ、もう残暑ですね。

皆さま、ご自愛くださいね。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック